リウマチ サプリ

普段リウマチ呼ばれるのは、関節が痛くなる「関節リウマチ」のこと。分かりやすい初期症状として、朝起きた時の手指のこわばりがあります。指先がなんだか動かしにくいと感じたら、注意が必要。個人差はありますが、さらに進むと関節の痛みやしびれを感じるようになります。

 

リウマチの治療をする中で毎日の食生活はとても大切です。高タンパク&高カロリーを心がけ、DHA&EPAを積極的に摂りましょう。また、炎症を緩和させる生姜やニンニクもお忘れなく。当サイトでは、不足しがちなDHA&EPAが手軽に摂れる、リウマチサプリをご紹介しています。

 

きなりの特徴

1日4粒でDHA&EPAが500r摂れるサプリです。特殊製法で、DHA&EPAのサプリにありがちな魚臭さはゼロ!ソフトカプセルなので飲みやすくなっています。酸化しやすい成分をアスタキサンチンのパワーでガード。これだけで、1日摂取目安量の半分を摂ることができます。特別モニター毎月お届けコースなら、初回1,980円(税込)。2年連続モンドセレクション最高金賞受賞のサプリです。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA&EPA・アスタキサンチン

 

大正DHA・EPAの特徴

個包装で持ち運びしやすいサプリです。1日1包(5粒)はアルミの個包装になっています。アルミ包装で成分の酸化を防止するだけでなく、1回分が持ち運びしやすくなっているので、飲み忘れの防止にも。DHA&EPAは600r配合されています。製剤技術で溶けやすいソフトカプセルを実現しています。納得定期コースなら、初回1,000円(税別)。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 DHA&EPA

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

粒の小ささが飲みやすいサプリです。持ち運びにも便利なアルミのスティックタイプ個包装を採用。直径約3oの極小シームレスカプセルで、粒が苦手な方にもおすすめです。成分の酸化を防止するために、ビタミンEを配合しています。1日1包に、DHA&EPAを750r含有。定期コースなら、初回限定価格は1,000円(税込)。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 EPA&DHA

 

リウマチとは?種類など

 

リウマチは、関節が痛くなる病気だけではありません。そういったリウマチは正式には関節リウマチといい、リウマチというのはひとつの病気の種類です。リウマチ性疾患と呼ばれる病気は、200種類以上と言われています。リウマチ性疾患は、関節以外にも骨や腱、筋肉などがこわばったり、痛くなったりする病気の創傷です。皮膚や内臓にまで症状が出る「全身性エリテマトーデス」、骨の変形も生じる「変形性関節症」、足の指に激痛が生じる「痛風」などもリウマチ性疾患となっています。

 

リウマチ性疾患の特徴は、原因がハッキリしないことや症状が長期に渡ることが特徴で、一度生じると長く病気の治療を頑張らなければならなくなります。また、その他にも多くの合併症を生じるようになりますから、治療は早めに行いましょう。

 

リウマチの原因として考えられるものによって病気の種類も分かれますが、たとえば免疫異常であれば関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどがあり、細菌やウイルスによるものならリウマチ熱やウイルス性関節炎などがあります。また、代謝異常から生じる痛風、偽痛風、甲状腺および副甲状腺疾患などもリウマチ性疾患に数えられ、外傷や加齢から生じる骨や軟骨の変形を起こす変形性関節症なども含まれています。その他にも繊維筋痛症や慢性疲労症候群もリウマチ性の疾患に数えられます。

 

このように考えてみると、かなりリウマチと言っても範囲が広いことがわかると思います。くれぐれも簡単に考えず、変だと思ったら医療機関を受診するようにしましょう。

 

リウマチになる原因、なりやすい人は?

 

関節リウマチは、免疫システムに異常が生じ、そのために自分を攻撃して関節に炎症を生じさせ、腫れや痛みが出る病気です。30〜50代の女性に多いとされていますが、他の年代でも生じますし、男性でも発症することがあります。

 

関節リウマチには、なりやすい人というのがあります。たとえば、遺伝が関係している病気と言われているので、家族や親戚にリウマチを持っている人がいる場合には注意しておいた方が良いでしょう。とはいえ、親から子へと単純に病気が遺伝していくというようなものではありません。あくまで、傾向としてリウマチ症状が出やすいということになります。多くの場合は、遺伝子だけでの問題ではなく環境などの影響などと複合的に問題となっているとされています。

 

環境要因としてハッキリとしたものはありませんが、紫外線、化学物質、喫煙、過労、気候、妊娠や出産、ウイルス、細菌などの要因が考えられています。注意することができるものと難しいものがありますが、できる注意はしておいた方が無難でしょう。

 

こういったリウマチの症状は、特に体が冷えている人は感じやすいため、体の冷えには注意しておくと良いでしょう。リウマチ症状は体が温かいと緩和されますから、普段から体を冷やさない工夫が必要です。その他にもストレスの影響も示唆されていて、普段からストレスをためこみやすい人はしっかり睡眠時間を確保し、日中に運動をするなどストレス解消の時間をなるべく組み込んでいくようにしましょう。

 

リウマチの治療法とは?

 

関節リウマチは昔から原因不明の病気だと言われていますが、少しずつ原因が明らかになりつつあります。関節リウマチを引き起こしている原因に対して、先端医療によるアプローチで改善を目指す動きが出てきています。現在、そういったものとして抗サイトカイン療法やゲノム創薬が行われていて、今後も治療の際の選択股として有力なものとなっていきそうです。

 

抗サイトカイン療法というのは、サイトカインと呼ばれる活性因子(変異したタンパク質)を抑えることによって病気の発症や進行を抑えるようにする治療方法です。関節リウマチでは、サイトカインの一種であるTNFと呼ばれるものが炎症や痛み、骨や軟骨などに関わっているとされています。

 

TNFに有効な生物学的製剤としては、インフリキシマブ(レミケード)、エタネルセプト(エンブレル)、アダリムマブ(ヒュミラ)などが用いられています。抗リウマチ剤と比較して効果が高いとされていますが、これらの薬は肺炎や結核といった感染症のリスクがあるということで注意が必要となります。また、新薬であるために費用も高くなり、高額医療費制度などを利用できるように準備しておいた方が良いでしょう。

 

ゲノム創薬というのは、遺伝情報の中から関節リウマチの発症や治療に関係しているものを見つけ、それに直接効果をもたらす薬を作っていくというアプローチです。遺伝性の疾患に対して大きな効果が期待できます。こういった先端医療のネックは、事例が少ないために長期的な目で見た際の副作用やトラブルがわからないことや、治療費の高さが挙げられます。ただ、今後に大きな期待ができる分野だとされています。

 

リウマチは冷やす、温める、どっち?

 

関節リウマチの方は生活の中で体を冷やさないように注意することが必要です。というのは、体が冷えると関節の痛みが悪化するためです。ただ、何でもいいから体を温めるということではなく、適切な対処をすることが大事だということも覚えておく必要があります。関節リウマチの場合には、関節を温めて血行を改善させると筋肉の緊張がほぐれるために痛みは緩和されていきます。手がこわばっているような場合は、お湯で温めてみると動きが良くなります。

 

関節リウマチ対策として体を温めると、それにくわえてリラックス効果も出ますから、ストレスの軽減にも効果があります。入浴剤やアロマキャンドルを利用してみるのも効果を高めてくれるでしょう。冷え対策として、基本的にはしっかり重ね着しておくことが大切です。単純な厚着の場合には、汗をかいた結果冷えてしまうことがありますので、温度調整ができるようにするのが良いでしょう。

 

ただ、関節の炎症が生じている際に温めると炎症が悪化する場合があります。関節が腫れて赤みがあり、熱を持っている場合は、炎症が強くなっているので、治まるまではまず冷やすことが大切です。冷やす際は直接氷などをつけずに、タオルなどで包んでゆっくり冷やすようにしましょう。基本は温めることですが、炎症が生じている場合には冷やすことも大切です。状況によって正しく使い分けて、関節リウマチの辛い症状を楽にしていきましょう。

 

リウマチにマヌカハニーが効くの?

 

マヌカハニーには様々な効果が認められますが、実はリウマチに対しても効果があると言われています。なかなか減らないと言われているリウマチですが、マヌカハニーで回復するなら嬉しいですね。マヌカハニーとリウマチの関係についてご紹介しましょう。

 

リウマチは有名な病名ですが、実は特定の病気の名前ではなく、関節や骨、筋肉の痛みやこわばりを生じる病気を総称して呼ぶいい方です。これは体の代謝異常や細菌やウイルス感染に、免疫異常などの原因によって生じます。時には、怪我や老化が引き金となって関節の軟骨が変形し、そのために痛みが生じる場合もあります。リウマチと一口に言っても種類が多いので、これらが全ての原因であるともいい切れない部分があります。

 

さて、マヌカハニーがリウマチに効果があるというのは、上記の原因の中でも細菌やウィルスによるものの場合がひとつあります。細菌ではピロリ菌の感染がリウマチの原因となるケースも多いとされていて、マヌカハニーは高い殺菌効果によってピロリ菌を除去してリウマチの解消に効果があると見られています。また、体内の代謝の活発化を促す働きがありますので、マヌカハニーの摂取によってリウマチ改善効果が出てくるものと考えられています。

 

マヌカハニーによってリウマチに効果がありそうということはわかってきたかと思いますが、あくまで医薬品ではありませんから、続けて摂取することによって体の自己治癒能力を高めることが目的です。薬のように原因を根こそぎ退治するようなものではないので、即効性という部分についてはあまり期待しないほうが良いでしょう。

 

日常生活におけるリウマチの注意点

 

関節リウマチにもしもなってしまった場合には、生活の中でどのようなことに注意したらよいのでしょうか。よく言われるのが、ストレスをためないようにするということです。落ち込んでもいいことはありませんし、関節リウマチは、長い付き合いになることが普通ですから、ネガティブに考えても良いことはありません。適度にストレスを発散して生活しましょう。また、適度に運動はするようにしてください。関節の違和感から運動しなくなってしまうと、症状が悪化しやすくなるので要注意です。

 

そして最も重要なこととして、生活の中で関節に負担をかけない動作を研究することを是非行いましょう。たとえば、布団は上げ下ろしの際にも負担がかかりますし、起き上がるのも関節に負担となりますから、ベッドにするとこういった関節へのダメージを緩和させることができます。食卓もちゃぶ台よりはイスのあるテーブルの方が良いでしょう。カバンの持ち方や歩き方も、片方の関節に強く負荷がかかるようなものは避けるべきです。買い物袋も両手で持つように工夫したり、また買い物用のカートを利用すると良いでしょう。

 

普段から冷えにも注意することが肝心です。体を冷やさないように重ね着をするようにしたり、入浴はシャワーで済ませず、しっかりお湯を張って浸かりましょう。食事の際も冷たい食べ物や飲み物を過剰に摂取しないように注意してください。いろんな注意点があり、面倒に思うかもしれませんが、こういったことの積み重ねが大きな差となって出てきますから、自己管理をしっかり行ってくださいね。

 

リウマチは予防が肝心

 

「関節リウマチ」は女性が多く発症する病気で、70万人以上と言われるリウマチ患者のうち、80%程度は女性だと言われています。関節リウマチを発症するのは30歳代から50歳代が多くなっていますが、より高齢世代や若い世代でも発症するケースがあります。

 

関節リウマチは不治の病とされていますが、原因がハッキリしないために完治を判断することが難しいことが背景にあります。今は治療法が進んでいて、症状を完全に抑えることに成功している例もあるそうです。関節リウマチは基本的に治療も長期になり、そして完治の判断も難しいため、病気にならないのが一番です。そのため、予防が最高の対策になります。

 

予防のために重要なのは、関節リウマチについて正しく理解することです。関節リウマチは「自己免疫疾患」で、免疫が自分の身体を攻撃してしまっている状態です。関節リウマチでは、関節が攻撃されてしまい、その結果関節が炎症を起こし痛みや変形を生じるものです。関節リウマチでは、左右対称の関節に痛みやこわばりなどの症状が出てくる特徴があります。全てがそうではありませんが、ほとんどがこのパターンです。

 

関節リウマチの進行は比較的ゆっくりなのですが、一度損傷した関節部分は再生するのが難しいとされていますから、早めに発見して治療に当たることが大切です。予防のためには生活習慣を整えたり、ストレスや栄養状態に注意し、そして関節に負担のかかることを避けることです。歩き方や座り方、カバンの持ち方など、いろんな点に注意して関節を大事にしていきましょう。

更新履歴